本文へスキップ

純歌.netは、純歌の情報発信サイトです。

Omi Miyabina

雅奈男実 [みやびな をみ]

純歌作品4CONCEPT

純歌作品 1純歌作品 2純歌作品 3純歌作品 4純歌作品 5純歌作品 6純歌作品 7純歌作品 8純歌作品 9純歌作品10純歌作品11純歌作品12浅草歌について


一つの星  短源1曲2歌

CEO
















           

                こうじげんば
あせやどろにまみれ工事現場でアルバイト
く   ひ   く   ひ  はたら
来る日も来る日も働いた
   
   

こんや      さそう
今夜きみを誘ふから
のはら          よぞら  ほし  なが
野原にねころび夜空の星を眺めてた
とお   ゆめ  きら       ほし     みぎて   の                 て  つか
遠くで夢の煌めくあの星を  右手を伸ばしてしっかりこの手で掴み
    ほし  おれ  も     い
あの星を俺は持ってゐる
こばこ   あ             ひか  かがや
小箱を開けるとキラルラ光り輝き
       うえ  まわ  うず ま  ひと    ほし
ゆびわの上で回り渦巻く一つの星を――
                    はい
ズボンのポケットに  入ってる
   
   

よろこ          ろ
喜んでくれるだらうか
   
   

ほし ねが い   こ
星に願ひを込めて
きみのもとへと
   
   

                 

   
   

ほし  ねがい  こめ      ゆめ  かなう   いわ     い
星に願ひを込めれば夢は叶ふと言はれてゐる
        うえ       ひと    ほし  ねがい   こ
ゆびわの上にのった一つの星に願ひを込めて


見解

 現実だけど・メルヘンな  そんな心地・そんな歌
 一つの星をきみへあげたくて
・・・(現実のメルヘンな歌)
   
   
   

バナースペース

純歌.net

Instagram :
https://www.instagram.com/omimiyabina
Twitter :
https://twitter.com/omiimyabina
E-mail :
omiomimail0@gmail.com